Entries

「見える化」がモチベーションを上げる(大人の社会見学とホーソン効果)

まずはこの工事現場の写真をご覧ください。
miseru.png

「魅せる現場 魅せる仕事」

と大きく書いてあります。これは現場で工事している人にどんな心理的影響を与えるでしょうか?「安全第一」「指差し確認」のような”上から目線”の標語よりも、「子どもに自慢できるような、ちゃんと仕事をしよう」という気にならないでしょうか?

ここ数年、工事現場や工場の視察ツアーがブームです。それも子ども向けだけでなく「大人の社会見学」という位置づけの大人向けツアーも流行っています。その背景にあるものは何でしょうか?

企業にとって対外的な宣伝効果があるのはもちろんですが、それ以上に重要なのは社員のモチベーションが上がることなのです。

工事現場はエンタメ…ライブ感、カップルも魅了 」(2013/4/7 6:30日本経済新聞 電子版)

という記事中にこんな一文があります。

施工者側には最近、見学者を意識して、工事の概要や進捗状況を現場で紹介する動きも広がる。「外部の人に見られていると緊張感が保てて張り合いもある」(都内の工事関係者)

やはり見学者だけではなく、施工者側のモチベーションアップにつながっているのです。

同じ系統のニュースに下記のようなものがあります。

ソフトバンク「フォトビジョン」と「法人フォト管理サービス」 を組み合わせて活用 作り手のこだわりを施主さまと共有するためのサービスとして提供

これは、デジタルフォトフレームを使って、住宅建設業者が施主に対し、自宅が建築されているよう様子を毎日送るという事例です。(このアイデアの元は、私の知り合いが作ったそうです。)

こちらもプロセスの「見える化」によって、施主の満足度だけでなく、大工さんなどのモチベーションがアップしているのが分かります。

これらが表しているのは、人に注目されることで自然にモチベーションが上がり、結果として生産性もアップするという「ホーソン効果」がうまく働いていることです。

各部門が自分たちの仕事をどんどん公開し、ホーソン効果が得られるような職場を作ることは「環境コントロール」をうまい活用例と言えそうです。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/93-21998955

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング