Entries

自己啓発本のベースは「行動コントロール」でできている

以前に、ベストセラー「ストーリーとしての経営戦略」(東洋経済)の著者である楠木先生が、読者からすぐに「使えるスキル」が書かれていなので、読者から毎日のように「金返せ!」というニュアンスの怒りのお便りをもらっていると、やや自嘲気味に書かれたコラムをご紹介しました。

☆バックナンバー:「ビジネススキルとビジネスセンス

これをマネジメントコントロール的に解釈すると、

「実践的だ」
「すぐに使える」

と銘打っている本は、ほとんど場合「行動コントロール」に基づいて書かれています。

たとえば

「ランチは知らない人と食べろ」
「メールは件名だけで内容が分かるようにしろ」
「要らないものは捨てろ(断捨離)」

といった「ある特定の行動(もしくは思考パターン)をせよ」という「行動コントロール」を促す自己啓発本に出会った時、多くの人は

「こりゃあ実践的だ」

と思います。(抽象度が高くなるほど「精神論で役に立たん」と言われます。)「行動コントロール」の色が濃い自己啓発本は、具体的な行動が伴う分だけ明らかに違った結果が出やすい(効果を実感しやすい)というのが最大のメリットです。

行動が変われば、その分だけ精神も影響を受けますので、かなり有用であることは確かです。たとえば「断捨離」で要らないものを捨てて部屋がスッキリすると、思った以上に精神的なストレスが解消するのが良い例です。(私もそれを実感しました。)

ただし、最終的には「行動コントロール」自体を自分で作り出すことを目的としないと、人はいつの間にか強力な「行動コントロール」を作り出す”カリスマ”に依存する状態に陥ります。(これを”信者化”といいます。)

新興宗教の信者が、教祖に「ああやれこうやれ」と命令されるほど、うれしく感じるようなもので、自己啓発本の読者でも、カリスマ社長の組織でもほとんど同じようなことが起こりますが、それではいかんのです。

ということで自己啓発本の「行動コントロール」は受け身ではなく、あくまで自分が主体的で活用するというのが最大のキモかと思います。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/85-3a4b64f5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング