Entries

「大組織のスピードを上げる」米軍式4つのメソッドを読む

プレジデントオンラインに「「大組織のスピードを上げる」米軍式4つのメソッド」という興味深い記事が載っています。

主旨としては「組織を階層型からネットワーク型に変え」「目的を共有し」「仲間意識を生み出し」「異論を受け入れる」ということで、当たり前と言えば当たり前。だけど、これを実現できている組織はほとんどありません。

みんな大事だとは分かっていますが、実際のところは依然として階層が強いし、会社が大きいほど部分最適化しているし、異論は排除されます。

マネジメントコントロール的に見れば、Action Control型から現場への権限委譲を行う Result ×People Control型に変えろという話なのですが、そのためには、そのためのキーは評価方法をがらっと変えることです。

ただし失敗すると悲惨です。上記記事の米軍の例などはうまく行っているように見えますが、実際はそうとも言えません。斬り込み隊の異名を取る海兵隊などは、もともと猛者が多いので、自由度を上げるほど歯止めが利かなくなります。(実際に沖縄などで問題起こしている兵士が誰かをみれば明らかでしょう)
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/81-b0f66101

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング