Entries

年収1億円 or 100万円の世界(世界同一賃金のユニクロとグローバル化)

最近やたらユニクロが叩かれていますが、労働環境の改善問題と、『世界同一賃金』(年収1億円か100万円)というグローバル化の問題は全く別次元の話で、別に議論すべきものです。

昔、ニューヨークで就活したときに、同じ日本企業でも国内採用と現地(アメリカ)採用だったら、国内採用の方が給料が高いという話を聞いて閉口したことがあります。

グローバル化を目指す同社が、海外で優秀な人材を一人でも多く確保しようと思ったら、みんな同じレベルで切磋琢磨する「世界同一賃金」は避けられないでしょう。

新興国にも欧米でMBAや博士号を取得したり、プロとして活躍する人材がたくさんいます。日本人であるというだけで得をするかつてのような「日本プレミアム」はもうありません。

私がカンボジア人で、ユニクロが母国に進出してきたとします。日本から派遣されてきた英語も片言な普通のマネージャーと、業界経験豊富で現地スタッフを実質的に取り仕切る私を比べ、日本人の方が無条件に給料が高かったら、モチベーションを徐々に失うでしょう。そしてそういう人をうまく引きつけ、活用したライバル会社が勝ち残ることになるはずです。

あなたの勤務先がドイツ企業に買収されたとして、自分と同じポジションのドイツ人のほうが、無条件に給料を1.5倍もらっていたら、「しょうがないな」と納得できるでしょうか?

マッキンゼーのような会社は「世界同一賃金」を何十年も前から採用していますが、このようなポシリーをとっているグローバル企業は少なくないでしょう。

柳井氏はあえて物議をかもすような発言をメディアで行っていますが、同じようなことをしている会社はゴマンとあります。ここは冷静な議論が必要です。

下記の記事は参考になります。
「ユニクロ叩き」にモノ申すユニクロは、ブラック企業ではなくグローバル企業?(東洋経済)
http://toyokeizai.net/articles/-/13322
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/80-766689fe

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング