Entries

DNAは物語で伝えられる>エッケホモ(この人を見よ)

メル・ギブソンが監督した映画「パッション」は、かなり生々しくて一部ショッキングだったが、非常に面白い。

まずシーンは新約聖書に沿って、イエス・キリストがユダヤ教の主流派パリサイ人につかまり、ローマ総督に差し出されるあたりから始まる。

当時のイスラエルは、ローマの統治下にあり、ピラト総督が現地に派遣され、この地域を納めていた。また当時はユダヤ教の宗派が群雄割拠しており、パリサイ派の人達は、従者を増やしていくイエスを危険分子とみなしたのである。そこで粛清を図ったのだ。

ただピラト自身はイエスが、政争によってパリサイ人から糾弾されることに気づいており処刑を拒む。

そこで一計を案じて、公開裁判の前にイエスを血だらけの鞭打ちの刑にする。そして、片目はつぶれ、イバラの冠を頭にねじ込まれ、半殺しにされたイエスを民衆の前に見せ「エッケホモ」と叫ぶのである。(映画もラテン語で話されているので、「エッケホモ」といっている。)これでも、この人を処刑したいのかと。

しかし、狡猾なパリサイ人の司祭達は、イエスを十字架刑で処刑することを要求し、ピラトはパリサイ人の暴動を恐れて、しぶしぶ処刑の許可を出すのである。

そこからイエスは、ビア・ドロローサ(悲しみの道)を十字架を背負わされて、ゴルゴダの丘(骸骨の丘)へと歩かされる。

今でもそこは、ビア・ドロローサとして保存されており、聖書に出てくるイエスが倒れた場所や、水を差し出された場所などは、それにちなんだお土産屋などがある。

それにしても、手や足を釘で打ち付けられる場面などは、本当にグロテスクとも言えるほどリアルだ。虫の息になった人間イエスが、苦悩の末に「主よ、この人たちは自分がなにをしているのか分かっていないのだ。」というシーンはかなり印象的である。

十字架が立てられたゴルゴダ丘には、現在「聖墳墓協会」があり、キリスト教徒の最高の巡礼の地となっている。中に入ると、「カソリック」「プロテスタント」「パプティスト」など30以上の宗派がブースを構えている面白いつくりになっている。

私の大学にはハーバードの神学科出身の「死海文書」(旧~新約聖書時代の古文書の総称)のエキスパートのS.クロフォード教授がいて、宗教学で1年ほどその先生のもとで学んだ。また先生の家にクリスマスパーティーに呼んでいただいたりして、よくお世話にあった。

イスラエルにもその先生のツアーで滞在したり、NGO時代もベツレヘム(イエス生誕の地と呼ばれている)にも滞在したので、結構イスラエルとは縁があるかもしれない、と勝手に思っている。

それにしても、なぜ一人の人間が後世にこれほどまでの伝説を生んだのか。聖書に書いてある奇跡が本当はどうかは分からないが、その影響力は本当に奇跡としか言いようがない。

キモは、イエスの物語を語り継いだ人がいて、新約聖書という本が作られた事だろう。

企業でもこれは同じ。企業、そして創業者のDNAは、語り部によって継承されなければならないのだ。


パッション [DVD]パッション [DVD]
(2004/12/23)
ジム・カヴィーゼル、モニカ・ベルッチ 他

商品詳細を見る
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/8-bf0080b1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング