Entries

「JA越前たけふ」にみるマネジメントコントロール

朝の「ウェークアッププラス」(4/20)という番組で、全農を抜け出して独自の経営を始めた「JA越前たけふ」の特集番組をやっていました。

全農/経済連は、今や収益のほとんどを共済事業や信用事業(松下奈緒さんのCMでやってるJAバンクとか)に頼っていて、本業の農業関係では真っ赤。

全農に販売委託されたコメは37.9%。集荷率が5割を超えるのは北海道と北陸だけ」(ダイヤモンド社の記事)なんだそうで、ビジネスモデルの転換を図られています。

全農に限らず、これまでピラミッド型組織でなければ成り立たなかったあらゆる商売は、いまやネットを使えば、数人で成り立ってしまう時代。だからこそ、マネジメント層が自ら魅力的になる努力にしないと、実力のある人(下部組織)はどんどん離脱していきます。

実際に、現在の全農/経済連の構造では、団体員(農家さん)は、近くのホームセンターで買うより高いお金を払ってJAから肥料を買わねばならないし、頑張ってブランド米をつくっても、JAサイドの買い取り価格は同じ。これだとやる気は出ませんよね。

まさに軍隊式マネジメントに陥りがちなアクションコンロールの弊害が出てしまっているんです。

(引用)“謀反”を起こされた上部団体は沈黙したままだ。取材申し込みに対し、全農は「JA越前たけふと直接取引していないので、わからない。福井県経済連に聞いてほしい」、福井県経済連は「お話しすることはいっさいない」と、取りつく島もない。JAグループの総合指導機関である「全中(全国農業協同組合中央会)」も「コメントする立場にない」と知らんぷりを決め込む。

こういうのは「きざし」なんです。それを活かして組織変革できるかどうかが、組織の生死を分けます。おそらく全農内部でも、現場に近い人と、マネジメント(幹部)の間で小競り合いが起きているはず。

しかし大抵の場合は、仕事を奪われる危機感を持ったマネジメントが、あらゆる手を使って改革を封じ込める状態が続き、時代の流れに逆らえなくなった時点で、一気に崩壊するか、優秀なリーダーが登場して変革が起こります。明治維新と同じですね。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/76-d79b4413

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング