Entries

クリエイター集団のマネジメント

最近クリエイター系の人&クリエイター会社経営者と話す事があり、みんなほとんど同じような事で悩んでいるんだなと思いました。

拙著「MBA流チームが勝手に結果を出す仕組み」(PHP)にこんな一説があります。

「(イノベーションを起こすには)業務には直接関係なさそうな活動も必要になる。そういった活動を通じて得た情報や経験が、ある瞬間に頭の中でつながって、ひらめくという事がよくあるからだ。そういった「金になるのかならないのか分からない活動」を見守るのは、管理する側に忍耐が必要になる。」(P123)


MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み (PHPビジネス新書)MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み (PHPビジネス新書)
(2013/02/20)
若林 計志

商品詳細を見る

イノベーションって、それなりの環境があれば一定の確率で起こるんだと思います。元ソニーのカリスマクリエイターが

昔は他部門の人と自由にディスカッションできたけど、今は上司の許可がないとできなくなった

とインタビューで語っていましたが、このように管理をキツくするとイノベーションは起きづらくなります。

私も「関係のない本をオフィスで読んでいる」などと指摘されたことが何度もありましたが、結局それが役に立って、大幅な業績アップにつながった事が何度もあります。でも、そういう活動は周りの人には理解されにくいし、確かにマネジメント側も管理しにくいも事実です。

だからこそ、財務系のマネージャーがクリエイター会社に入ると、「スパイダーマン3」みたいな、過去の業績から収益が予想しやすい事業をやりたがるのですが、そういう過去の遺産を食いつぶす形のビジネスモデルには限界があります

「元カリスマ●●が立ち上げた会社」というのも、その遺産を食いつぶす前に、新しい価値を生み出さないと、衰退は避けられません。だからこそ、現場をもっとエンパワーする必要があるのです。

ということで、「任して任さず」の経営をどう実現すべきかについて、イノベーションマネジメントについて近日ご紹介したいと思います。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/73-f2aa9c2d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング