Entries

サッチャーさんと落合信彦さんと私

「鉄の女」として知られ、英国首相として活躍されたサッチャーさんが亡くなった。

まだ若かりし頃、ワシントンDCのボーダーズ書店で行われたサッチャー氏の回顧録「サッチャー回顧録―ダウニング街の日々」の出版記念握手会に行った事がある。

その頃の私は、まだ彼女の英語がきちんと理解できるレベルになかったが、とにかくスピーチに迫力があって、独特のオーラが漂っていた。握手をしたときにグリップが強く、それが印象的だった。

引退後、世界に先駆けて行われたという落合信彦氏の「サッチャー氏独占インタビュー」が印象的だったので、余計に記憶に残っているのかも知れない。(ちなみにその後、私は落合氏の母校である米オルブライト大学を卒業した。)




昨年公開された映画「鉄の女の涙」を見ると、サッチャーさんの栄光と挫折が良くわかる。晩年は認知症で苦しまれたようだけど、歴史に残る偉大な人だったのは間違いない。

私も何か歴史に名が残せるような事を一つでもしたい。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/72-b05bd247

トラックバック

コメント

[C4] 落合信彦講演決定

突然のコメント失礼致します。
2013年7月20日数年ぶりに落合信彦氏が講演されます。
詳細は
http://www.jaycee.or.jp/2013/energy/
まで。ご来場お待ちしております。
告知でした!
  • 2013-07-10 10:26
  • 日本のエネルギー選択委員会
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング