Entries

フィーリングを重視した採用活動

企業の採用活動における面接とは、言って見ればお見合いです。うまく行けばお互いハッピーですし、そうでなければお互いに取って不幸です。

「安定」を求める人が、「挑戦」を重視する会社に入っても結局うまく行きませんし、逆も然りです。

学歴や容姿だけで結婚相手を選ぶ人はほとんどいないのと同じで、本来は面接とは、対等な立場でお互いの価値観が合うかどうかをチェックする場です。ところが実際の採用面接では、相手に気に入られるようなキャラを無理に演じる人も多いのも事実です。(私も昔は近い事をやっていましたが。)

採用担当はあの手この手でそれを見抜こうとしますが、就活生(転職者)はマニュアルなどを読みながら対策を立てますので、それを短期間で見抜くのは至難の業です。

その点、インターン制度や試用期間を設けることはお互いに取ってメリットがあります。しばらくの間、一緒の職場で働いてみると、その人のキャラクターが自然にわかりますし、本人も、自分がその会社に合うかどうかが直感的に分かるからです。

僕自身も、憧れの会社でインターンしてみて、入社を見直した事がありますが、人生をムダにしないためにも、こういうプロセスは重要なのです。

人間の直観が案外正しい事は、最近になっていろいろな心理実験で証明されつつあります。私も数百名の履歴書を見ながら採用面接をする経験を何度かしましたが、何となくいいと思った人は、数年つきあってもやっぱり印象は変わらない事がほとんどでした。

もちろん、経歴やスキルが不要だと言っている訳ではないのですが、それだけではあまりに不十分なのです。

ただし直観はあくまでフワッとした感覚的なので、立派な経歴を見せられると気持ちはゆらぎます。ただし「なんだか違和感があるな」と思った人は、やっぱり合わない人が多かったのも事実です。その人がいい、悪い、優秀だ、優秀ではない、という問題ではなく、一緒に働くメンバーとして、お互いにフィーリング(相性)が合うかどうかが重要なのです。

昔、上司が「早く採用しろ」「フィーリングなんか関係ない」とあまりにせき立てるので、しぶしぶ経歴ベースで採用した結果、散々だったことがあります。(これは、いろいろな意味で良い勉強になりました。)

やはり、同じ価値観を同僚とも共有できるのであれば楽しいし、モチベーションが上がります。またその人が退職したとしても、良い関係が続きます。その意味で、組織を作る上で最初のゲートである採用は、重要な「環境コントロール」活動なのです。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/63-71a01327

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング