Entries

落第生の問題(経営理念と評価軸をアラインメント)

昔から良くある話ですが、日本の大学では落第生が多いと補助金がカットされるため、ダメな学生でも、パスさせるケースが結構あります。(*日本語が怪しい留学生も含む)。でも本来の主旨が「高度な資質を備えた人材の輩出」であるとするなら、「落第させない」(在学生が多すぎる)という評価軸に再考の余地があります。

この評価軸の設定はマネジメントコントロールでは「環境コントロール」に当たります。

▼「落第数」以外の評価軸の代替案を考えると

・ノーベル賞をふくめ、各研究分野での表彰/業績
・語学力の向上
・リクルーター評価

などが考えられます。大学によって、輩出したい人材像は違うはずなので評価軸は大きく違って当然ですし、ユニークな評価軸を作ること自体が、差別化につながります。

「本来の目的(企業で言えば経営理念)」→「評価軸」

は一気通貫でつながっている必要があります。これがズレていると、一般的に組織は「評価軸」の方に徐々に引っ張られます。そして組織内のメンバーがこの矛盾に一人で抵抗しようとすると、ストレスを抱えたり、精神に障害をきたす事さえあります。

したがって、本来はこのズレを、組織マネジメント側が修正(アラインメント)する必要があります。

もし一校だけで「ウチは簡単に卒業させないぞ!」と頑張って「あそこの大学は簡単に卒業させてくれない」という噂になると、入学生が減るリスクがありますし、志ある先生がひとりで頑張っても、学生に嫌われるリスクがありますよね。(もちろん学校によってはブランド価値が上がる可能性もあります。)

どちらにしても、一般の大学が一歩抜け出るには、秋田国際教養大学のように極めて強い個性を出し、それにしたがってマネジメントコントロールシステムを再設計するしかありません。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/62-27946012

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング