Entries

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

昨日、拙著「MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み」が発売されました。

どっぷりと現場のオペレーションに関わる中で直面した問題、その解決法を「マネジメントコントロール」という学問領域に見いだし、誰にでも分かりやすいようにまとめたものです。

このフィールドの巨人としては、ハーバード大学のアンソニーやサイモンズ、USCのマーチャントなどがいます。日本では一橋大の伊丹先生などが専門書を出されていますし、慶應ビジネススクールで山根先生がコースを指導されています。

ただ日本でももう少しメジャーになってもいい学問だなと思っています。多くのMBAで「経営戦略」は花形科目ですが、戦略の「実行」サイドの科目はそれほどメジャーではありません。「組織行動論」「組織開発(OD)」「組織人事」などとオーバーラップするところも多いのですが、戦略とがっちり連携した形で「マネジメントコントロール」のような科目が扱われると、相当意義はあるだろうと思います。

詳細はこちらで
http://www.flow-one.com/php.html

▼カバーしたトピック(一部)
・昔のようなトップダウンが通用しない理由
・部下が「思考停止」してしまうのは誰のせいか
・「まかせて、まかせず」— 権限委譲する条件
・お金でやる気が低下する
・コーチングで退職者が続出(その理由とは)
・マネージャーはメッセンジャーではない
・標準化への道(バラバラにならずに規模を拡大する)
・仕事にゲームを取り入れる(ゲーミフィケーション事例)
・ユニークなKPIを設定する
・環境コントロール:7つのキーポイント
・部下の「守破離」をサポートする
・企業事例(JAL/メガネ21/吉田カバン/サイゼリヤ/行政・教育機関)
・組織の成長パターン:避けがたいジレンマと克服法

カリスマブロガーのイケダハヤト氏が、新刊の書評を書いてくださっています。
http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/21058
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/57-3d7ec138

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング