Entries

アホは出口さんです、と社員が言える会社

ライフネット生命社長の出口氏のコラム(日経ビジネス「20代の社員に「アホは出口さんです」と言われました インターネットのコミュニケーション 出口治明編)」)が面白いのでご紹介します。

ある日、20代の若手社員が奇抜なイベント企画を持ってきたので、出口氏は

「ふざけるんじゃない。君はライフネット生命保険のマニフェストをもう一度読みたまえ。どこにそんなことをすると書いてあるんだ。アホか!」

と言ったそうです。ところが若手社員に「アホは、出口さんの方です」と言い返され、その説明に納得した出口氏は協力することにし、結果的にこのイベントは成功します。

この話が示唆に富むのは「お客さんに近いのは社員の方だった」と出口氏が語っている事です。

それにしても、どうして若手社員さんは社長と議論する事ができたのでしょうか。それは会社が進むべき方向が経営理念としてはっきりと表されていたからです。そして、その経営理念の実現を目指して進もうとする限り、社長と社員は対等な関係なのです。ただし、実際にこういう関係が築ける会社は、それほど多い訳ではないので、余計に素晴らしいなあと思います。

ライフネット生命の例に限らず、優秀な社員が会社を盛り立ているケースが割とありますが、それらはすべて「会社が進むべき方向」(経営理念/ミッション)がはっきりしているからこそ可能になっているといっても過言ではないでしょう。

credo

拙著「MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み」のP155に上記のような図があります。会社のミッション(経営理念やクレドと呼ばれます)は、本来役職に関係なく、全社員にとって目指すべきものです。そしてミッションを一番体現している人のためのポジションが「社長」です。

逆にダメなパターンは、そもそも「会社が進むべき方向」が不明確だったり、上の方が矛盾していると思われる行動をとったり、経営理念が形骸化しているケースです。何が正しいかがさっぱり分からないので、組織は次第に「空気」で動くようになります。(ニワトリ会議を参照)

前述のライフネットのケースで言えば、出口氏や側近が

「内容はともかくトップに意見するとは生意気だ」

という態度を取ったら、それを見ていた社員のその後の反応は大きく変わっていくはずです。


組織が大きくなると、中間者が権力を握るようになります。ありがちなのは、現場を知らないお殿様が“裸の王様”になり、面従腹背の側近たちが次第に政治的な権力を握るパターンです。(最後にはトップを追い落とすクーデターが起こる事も。。)

国会の福島原発事故調査委員会は、規制する側の者(経産省)が、規制される者(現場をよく知る電力会社)にコントロールされるという「規制の虜」の関係を指摘しましたが、これと同じ状況が発生するリスクをあらゆる組織が抱えているのです。

だからこそ、「会社が進むべき方向」が明示され、それに向かって”全員”で進んでいけるマネジメントコントロールシステムをきちんと構築しなければならないのです。(蛇足ながら、経営理念の設定は「環境コントロール」に当たります)

破綻したJAL改革を綴ったドキュメンタリー本「JAL再生」(日本経済新聞社)には、稲盛氏が再建に当たって「フィロソフィ」をいの一番に導入した事が書かれており、その効果について下記のように書かれています。

「フィロソフィではこう書いてあったよね。」こうした会話が自然と若い社員のあいだでも交わされるようになってきた。また、これまでは、上司に意見することなどあまりなかったが、「フィロソフィのおかげで勇気を持って言う事ができた」という社員も出てきた。JALフィロソフィは、JAL社員の基盤になりつつある。」

(P93「JAL再生」)

まさに!という感じですね。

JAL再生―高収益企業への転換JAL再生―高収益企業への転換
(2013/01/26)
引頭 麻実

商品詳細を見る

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/56-99f24b8f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング