Entries

商品のバラツキ感で価値を生み出すゴディバ

数年前から「工場見学」がブームですが、先日、高級チョコで世界的に有名な「GODIVA(ゴディバ」)の、工場特集をテレビで放映していました。それを見ながら「マネジメントコントロール」的な視点で考えた事のメモです。

・ベルギーの本社工場で生産
ゴディバは、品質管理のために、ほぼすべての商品をブリュッセルの本社工場で作っています。日本で売っている商品も、基本的にはベルギーから空輸したものです。よく外食チェーン店が、セントラルキッチンで食材を加工して各店舗に配送している例がありますが、それと理由は同じです。味や質にバラツキをださないために「行動コントロール」が効きやすい1カ所での製造体制にしているのです。(一部の商品を除く)

・わざと機械化しないパートを作る
最も大きなポイントだと思ったのは、意図的にすべてのプロセスを機械化していないところです。例えば、チョコを丸めたり、カラメルのトッピングを作るパートは、わざと人が行っています。当然それだけ人件費はかかるし、クオリティにバラツキが出るのですが、その不揃いさによって商品に”手作り感”を付け加え、商品価値を上げているのだそうです。

最初は、どうしても機械化できない職人芸のパートを人がやっていたそうですが、逆にそれが価値なのだと後で気づいてわざと残した形です。

通常、スーパーで売られているチョコは、どれを買っても全く均一なクオリティが求められ、それこそが「信頼性」という価値の源泉にになっているのですが、それとは対局のやり方で、何倍もの価値を出しているところが面白いなあ、と思った次第です。

「行動コントロール」の絶妙な使い分け・・このやり方って、他にもどんどん応用できそうです。

▼マネジメントコントロールとは
http://www.flow-one.com/php.html
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/52-f346ca92

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング