Entries

社会の「仕組み」を変えるという事

本日、ご縁があって知人が開催したナイジェリアのビジネスセミナーに行ってきました。

アフリカの20世紀は列強による搾取の歴史と言われます。オイルなどの採掘利権をむさぼる西欧列強に反旗を翻したアフリカの人々は、暗殺などによりことごとく失脚しました。そして、その影には常に石油メージャーなどが暗躍していたといわれています。

言ってみれば、自分たちの利権を守るために、アフリカ各国が力を持つ「仕組み」を妨害していたということです。

私はNGO時代に地域紛争解決の仕事に関わっていました。NGOの仕事には「緊急支援」「食料援助」「学校建設」などいろいろなタイプがあるのですが、私が最も興味を持ったのが、紛争を起こすメカニズム自体をどうにか解消できないかというものでした。(もちろんすべての活動が大切だという事は間違いありません)

せっかく日本がODAで橋や病院を作っても、その地域で紛争が起これば、たちまちそれらは破壊されて元の木阿弥だからです。だからこそ、紛争自体の発生メカニズムにメスを入れる「予防外交(紛争予防)」に心引かれるものがあったのです。

その後、活動の軸足をビジネスに移しましたが、コロンビア大学大学院のフィッシャー教授から認定を受けて講師となった「協調的交渉術」は紛争解決(Conflict Management/Problem Solving)の方法論であり、そのゴールは、一見対立するニーズを持つ人々の間に、相互協調するための「仕組み」を構築することだと気づきました。

また、10年以上もかかわった社会人向けEラーニング(人材育成)の仕事も、まさに社会を変える新しい「仕組み」づくりだったんだよな、と思います。

私は「空気」で動く予定調和の世界だけではダメで、新しい価値を生み出すためには「コンフリクト(対立)」も時には必要だと考えています。要は両者のバランスの問題なのですが、これが実際には結構難しい。それで「紛争解決」「組織心理」などに興味を持つようになったところがあります。

そう考えてみると、結構一貫したテーマを持っていたんだと改めて思います。世の中学ぶコトだらけです。

http://www.jccp.gr.jp/
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/51-35fbbf19

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング