Entries

問題解決思考:学校の週6日制は、学力向上につながるのか

文科省が公立学校の「週6日制」を検討しているようです。

脱ゆとりで、学力をアップさせる目的なのだそうですが、本当にこの政策が正しいのか疑問が残ります。

PISAテストでは、ある程度「勉強時間」と「学力」の相関性があることが分かっているようですが、下記の記事によればトップレベルの科学技術が集まっている米英独仏は、PISAでトップ10にすら入っておらず、文科省が何を目指そうとしているのか分かりません。

http://mainichi.jp/select/news/20130113k0000m040077000c.html

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110108/edc11010818020011-n1.htm

さらに、文科省のデータ(「学校の授業時間に関する国際比較調査(結果概要)」)では、「PISAの成績」と「学校の授業時間」の関係は、ある程度のしきい値を越えると相関性は薄くなるようなので、どっちにしても、時間よりも、もっと「質(内容)」を追求した方がいいのは明白なようです。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/005/gijiroku/03070801/005.pdf


どうしても学力を上げたいなら、それこそ電子教科書とかEラーニングとか、そういう新しい仕掛けを活用する取り組みを始めるべきだと思います。単純に授業を増やすというのは、解決法ではありません。


まずじっくり検討すべきは下記のポイントです。

①何を教えるのか?(What)
②どうやって教えるか? (How)
③誰が教えるのか? (Who)



①に関しては将来「飯を食う」教育として、ITスキル(アプリの作り方も含め)やファイナンス(まずはクレジットカードやローンなど)などがあります。

どちらかといえば、大学とかビジネススクールは上記のような傾向が強いのですが、初等教育では、絵画鑑賞学や考える力などの基礎的なものと、歴史や哲学、倫理などの、モノゴトを判断するときの指針となるような教育が必要だと思います。

②に関してはIT抜きでは考えられません。電子教科書でも、電子会議システムでも、どんどん導入すべきです。教室では、コミュニケーションを中心とした教室でしかできない事をすればいいのです。(電子黒板など電子インフラだけではダメです)

③に関しては、先生側の質保証やトレーニングが必要です。例えば英語を教える先生は、最低限英会話ができるべきでしょう。(日本の中高の英語担当教師のTOEICは600−700レベルなので、まだきちんとコミュニケーションできるレベルはありません。)このような状況を変えるには、外部講師もどんどん入れるなどして、ある程度競争原理が働くようにし、質の向上が必要かと思います。(学校の先生はどちらかといえば「教育のプロ」として「考える力」の向上に注力すべきかと思います。)
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/45-a60c19c7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング