Entries

敬語が使えない若手芸人の現地ロケ

たまにバラエティ番組で地方ロケをしているシーンを見ますが、若手芸人が、地元の農家やお店の人(それもかなり年配の方)に「へー、そうなんだー」と、タメ口で話しているのを見かけます。

(相手はその若手芸人に敬語を使っているのに)

もし本人が親しみ感をだすために、タメ口でしゃべっているのであれば完全にズレています。

老人ホームなどで、ヘルパーさんが親しみを出すために、被介護者に対してわざと友達口調でしゃべる事はありますが、それは相互に信頼関係が構築できた後の事。

さらに「自分(テレビ側)の方がエラい」「自分たちは取材してやっている」と思って無意識にやっているなら、もっと大きな勘違いでしょう。

取材される方も「言葉遣い気をつけた方がいいよ」とは言いにいくのだと思いますが、ああいうのを子どもが見たら、どう思うのか心配になってしまいます。

ただ少し見方を変えれば、これまで生きてきた中で、こういう基礎的な事をちゃんと指導してくれる先輩を持てなかった点で、かわいそうだなと思います。

おそらく「この人から学びたい」と本気で思う人に将来出会っても、とってつけたような敬語しか使えなかったら、「学ぶ準備ができていない人」と見なされて、大事なものを教えてもらえないでしょう。

どんな人にも敬意を払う。特に自分の方がパワーを持っていると思っているときほど、そういう謙虚さが必要です。

コミュニケーションの善し悪しを判断するのは、言葉を発している本人ではなく、受け手がどう思うかです。芸人の世界でも、売れている”毒舌芸人”は一見失礼なことを言っていても、相手との間合い感、機微をちゃんと捉えています。

その絶妙な距離感が読める数%の若手芸人だけが生き残り、将来芸人として大成するのかなと思います。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/40-92d02d18

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング