Entries

ミッドウェイ海戦

NHK BSで「ミッドウェイ海戦 敗北が語る日本の弱点」という番組を拝聴。

有名な話ですが、日本海軍はミッドウェイ島を攻める前に「図上演習」(いわゆるシュミレーション)をやっていました。しかしその演習では日本軍は敗北するという結果になってしまったため、当時の宇垣参謀長がシュミレーションの数値を恣意的に操作して、勝てることにしてしまいました。山本五十六長官もそれを是認したので、結局誰も逆らえない「空気」に。

実際の戦闘では、図上演習よりもひどい歴史的な大敗北となりました。

こういう失敗の構造は、現代の会社組織にも通じるところがあります。

仮説(というより仮説を作った人の「思い」)にデータや事実を従属させるような事をやってはダメです。もしデータが仮説に誤りがある事を示していたら、誰がどういおうと、そのデータの方に重きを置かなければダメなのです。

それでもあえて仮説通り突き進むというのも一つの決定であり、それでうまくいく事もないわけではないので、危険が高いという事を十分認識する事が大切なんですね。

その部分で、意思決定方法に重大な問題があったのが敗北の決定的要因だったように思えます。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/39-14c3f629

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング