Entries

経営学のフロンティア

「世界の経営学者はいま何を考えているのか」という一冊を読了。

著者はNY州立大の先生で、

「アメリカの経営学者はドラッカーを読まない」
「ハーバードビジネスレビューは学術誌ではない」


など、割とセンセーショナルな感じで始まります。

アメリカの経営学は「サイエンス」(具体的には統計による仮説の証明)重視なので、ドラッカーのようなどちらかと言うと定性的な論説はあまり重視されないとの事。

ただ、読み進めていくと、統計解析にも限界があるという事も説明しています。

またハーバードビジネスレビューは査読論文の「学術誌」ではなく、最先端の経営学を現実に応用するのはどうしたらいいのか、という実務用の雑誌だという説明にも納得。

個人的には経営学に「経済学」「認知心理学」「社会学」の3グループがあるという解説や、リソースベーストビュー(資源ベース戦略)を巡る学術誌上での論争などが詳しく書いてあるので勉強になりました。

ーーー

私が、もっとも興味があるのは

ビジネススクール(MBA)は本来どういう位置づけであるべきなのか

ということ。

ほとんどの社会人学生は「経営学者」になりたい訳ではなく、MBAを卒業後に実務で応用しようという動機で入学します。

それならば、この理論は統計的にどうだという議論の意味は認めつつも、それがどう現実のビジネスで使えるのかを知りたいはずですし、もっとそこに時間を割きたいはずです。

著者は

「経営学」が「実学」になるには、まだまだ課題が残されている

というスタンスですが、これから経営学が向かう方向性を説明していますので、その点でも参考になります。

http://www.amazon.co.jp/dp/4862761097
世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア
(2012/11/13)
入山 章栄

商品詳細を見る
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/38-2340a712

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング