Entries

女性用腕時計 ターゲットは誰?

新宿駅のホームで、面白い光景を発見。

poster

手前はシチズンの「xC(クロスシー)」の広告でモデルは北川景子さん。奥はセイコーの「ルキア」で武井咲さん。時期的にクリスマスだからなのか、全体の色調や構図も同じような感じので,今流行のコラボ広告かなと思いましたが、2社は完全にライバル会社です。

それにしても、どうして隣に並べたのでしょう。相乗効果があるからなのか、それとも偶然なのか。

ちなみに両方ともターゲットは20−30代の女性。モデルの年齢から言うと、シチズンの方はちょっとだけ大人向けだと予測できます。

日本の腕時計市場は約4000億円で、海外勢が3000億円。特に女性にとって腕時計はジュエリーのような位置づけになるので、”よそ行きチック”な海外ブランドモノの方が人気なのだと推測。

そうなると、日本のメーカーは社名を前面に出さないで、ブランド名を前に出した戦略を取った方が、収益が上がるという事になります。

また「消費者行動論」の観点からは、この腕時計を誰が買うのか、という点がキーになるはずです。

勝手に予想すると、武井咲さんを起用したSEIKOルキアのメインターゲットは10代。ご本人が自腹で買うというよりは、父親や彼氏にプレゼント用で買われるのを想定しているのではないかと予想できます。その点で3−5万円は、高すぎず安すぎす適当な値段かなと思います(安すぎると、イコール愛情が低いと思われるリスクあり?)

一方、シチズンのクロスシーは、20代の北川景子さんというクールビューティーなモデルを採用しており、誰かがプレゼントするというより、独立した大人の女性が自分で選んで買うという想定なのかも知れません。(考え過ぎ・・?)

どちらにしてもクリスマス商戦は日本勢に頑張ってほしいなと思います。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/36-47ae765b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング