Entries

Eラーニングの未来:学習体験を売る

昨日、秋葉原UDXで開催されている「eラーニングアワード」という業界関係者向けのイベントに行って来た。

印象としては、動画配信やLMS(コース管理システム)などのインフラは、ほぼ統一されてきたということ。大手企業や大学は「Moodle」というオープンウェアを使ってインフラを作り、そこにGoogle Appsなどを組み合わせれば、ほぼ完成形となる。

それ以上の差別化は難しいので、おそらく今後は、内容(コンテンツ)側に視点がシフトしてきてくる。

ただコンテンツと言っても、映像(動画)の作成コストや配信コストは、かつてと比べて劇的に下がっており、早晩無料化(フリーミアム)に向かう。

そんな中で、今後のキーワードのひとつは、みんなで学び合う「ソーシャルラーニング」になるだろうと思う。(商業版では、セールスフォースドットコムが「Chatter」というフェイスブックそっくりの社内向けSNSを実装して、それなりに成功を収めているし、日本にも社内SNSの会社は複数ある)

映像コンテンツはフリーミアムの波に晒されており、ハーバードでもMITでもスタンフォードでも、無料で見られる映像講義がいっぱいある。(TEDなども同じ範疇)

おそらく、これらの講義は、今後、正式に単位認定の方向に向かうはずなので、「映像を売る」というより「学習体験を売る」という方向にシフトしてくると思う。

東京大学情報学環の山内准教授のご講演「ソーシャルメディアを利用したキャリア学習の支援」は、ややそういうニュアンスを感じさせるものだった。

http://www.elearningawards.jp/program.html
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/35-1c831bd5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング