Entries

お客さんが買っているもの

居酒屋を経営している知り合いと、その人がオーナーをしている店に行ったときの事です。店に入ると店員がやってきて

「社長。お越し頂きましてありがとうございます!」

と大声で挨拶しました。すると私の知り合いはすぐに何かを小声で伝え、しきりにその店員が謝っていました。

後で聞いてみると

「お客さんの前で社長なんて大声で言ってはダメだ」

と注意したという事でした。お客さんが居酒屋に来るのは、単に酒を飲んだり料理を食べたりするためではありません。心地よい雰囲気で友達と会話しながら丁寧に接客され、いい気分になりたいのです。ところがそんなところに店のオーナーがやってきて自分達より偉そうにしたら、お客さんが興ざめしてしまうという事でした。

店が繁盛して儲かるのはお客さんのおかげ。だからオーナーでもお客さんでも同じように接客すればよく、むしろ自分達は隅の方で、一般のお客さんに良い席を案内するぐらいで良いということでした。

またお客さんがいる前で、店員を怒鳴りつけるようなオーナーはダメだとも言っていました。当然その理由は明らかで、お客さんの気分を害すからです。

ーー

これに符合するようなエピソードがたくさんあります。先日も私の友人が美容院で「婦人画報」を渡されてがっかりしたという話をしていましたが、その理由は明らかでした。

本来、美容院にお客さんが行く目的は、髪を切りたいからでも、パーマをかけたいからでもありません。それらはあくまで「手段」であり、お客さんの本来の「目的」は、「奇麗になった自分」を手に入れる事です。TVドラマの女優や雑誌を見ながら、いろいろなヘアスタイルを考え、自分が周りの人から「なんか奇麗だね」「その髪型かわいいね」と言われるのを夢みて、ワクワクしながらやってくるのです。

いうなれば美容院に夢物語を買いに行っているにもかかわらず、そこで「婦人画報」という30代の自分よりも年齢層が高い人向けの雑誌を渡されために「あなたはおばさんだ」と言われた気分になってしまったのです。

このように、自社の提供価値を考え抜く事は商売の鉄則だと言えます。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/31-2f01d891

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング