Entries

ビジネススキルとビジネスセンス

ベストセラー「ストーリーとしての経営戦略」について、著者の楠木先生のコラムを発見。ご著書について読者から毎日のように「金返せ!」というニュアンスの怒りの声が届くというのは驚きだ。

その理由は「使えるスキル」が解説されていないからだという。

楠木先生は、読者は「ストーリー戦略の作り方」のようなフレームワ—ク(スキル)を求めていたので、その期待感とのギャップで不満を持ったのだろうと分析されている。

人材育成、社員教育に関わっている人にとって、この「スキル」と「概念(コンセプト)」のバランスをどう取りながら、教育サービスを提供していくのかは、悩ましい問題。

わたしも教育デザインを担当する責任者として、ずいぶんこの問題で悩んだ。(現在もだが。。汗)

楠木先生に言わせれば、”戦略をつくる”のは「センス」であって、分析するための「スキル」とはまったく違う。

「一方のセンスはというと、スキルとはまるで異なる。スキルと違って、ある人にはあるのだが、ない人にはまるでない。センスを身につけるための定型的な方法もない。だから「それはセンスの問題だ」と言いきってしまうと、「それを言っちゃあおしまいよ!」という話になる。はじめに紹介したような苦情が殺到する。」



「センス」を磨くには、場数を踏んで身につけていくしかない。そのひとつの方法として良質の読書を通じて対話する、を提唱されているが「なるほど」と改めて思う。

一般に、組織階層が上にいくほど「スキル」→「概念」へと求められる能力がシフトしてくる。それをシンプルに解説しているのがハーバード大のロバート・カッツ先生による、いわゆる「カッツモデル」です。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/28-13a6e4b9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング