Entries

公益資本主義

先週、「公益資本主義」について考える東京円卓会議にオーディエンスとして出席してきました。主催はアライアンスフォーラムの原丈人さん。シリコンバレーでベンチャーキャピタル(VC)として成功した方で、社会貢献とビジネスを両立している素晴らしい人です。

編集工学の松岡正剛さんや、慶應の矢作教授も登場しており濃い内容でした。

基本的な問題認識は、金融資本主義がそろそろ限界なのではないか、ということ。

特に[ROE](株主資本利益率)のアップを経営目標にすると、見た目のROEが高くしようとします。そのために長期的な研究開発費を減らしたり、収益性の悪い部門を切り売りしたりします。

ROE = 当期純利益 / 株主資本 × 100

特にファンドから経営者が送り込まれていたりすると、どうして任期中に成果を上げようとするので、この傾向が強くなる。(ファンドは期限内に投資家に利益を返さねばならないので、仕方がないのですが。)

もちろん、収益の悪い事業を辞めるという事ではないのですが、極端に遣り過ぎると弊害の方が多くなります。

例えば、素材などの研究分野は10−20年後に化けるかもしれません。東レの炭素繊維なんかは儲かるようになるまでに50年かかったそうですが、そういう分野が短期的な利益追求の前では、なかなか正当化されないのです。

そしてこういう株主至上主義の流れは「グローバル化」という名目の元で日本にもやってきます。そこで、アメリカがハマってしまった轍を踏まないようにしようというのが「公益資本主義」の基本的な主張です。

ーー
アメリカではすでに「株式公開して調達する資金」より「自社株買いする資金」の方が多くなっており、株主に内部留保をどんどん吐き出させるカタチになっています。

原理的には、株価が割安のときに自社株買いするのは戦略として正しいのですが、実際には単にROEを上げて株価をアップさせ、株主を喜ばせているだけという面もあります。そして株主は短期保有者(momentum Player)が多数を占めるのです。またストックオプションは、基本的に在任中にしか行使できないので、経営陣が退任前に自社株買いを行って、株価を上げる事もあります。

こういう状態に一石を投じようと言う「公益資本主義」に僕は大変注目しています。またこの考え方に賛同する企業経営者も多いのも希望が持てます。

先週、原さんがBSフジに登場した映像がダイジェスト動画になってました。 http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/index.html?d121109_0
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/27-5e60b864

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング