Entries

非営利組織と同等の動機づけが求められるこれからの会社

以前に大学のゼミで講演させていただいた際、学生さんから

「就活先の会社の社長さんに、
ボランティア活動と営利活動の違いについてどう思うか聞かれたんですが
どう思いますか」

という質問を頂いた。

ちょうどドラッカーの「マネジメント」に、その答えにあたる一説を発見した。(やっぱりドラッカー先生は偉大です。)


「動機づけ、特に知識労働者の動機づけは、ボランティアの動機づけと同じである。ボランティアは、まさに報酬を手にしないがゆえに、仕事そのものから満足を得なければならない。挑戦の機会が与えられなければならない。組織の使命を知り、それを最高のものとし、献身できねばならない」(「マネジメント」)


引用元:ドラッカー「マネジメント」(Google Books)

改めて自分の経験を思い出すと、社会人になって初めて勤めたのが国際NGOだった。仕事内容に大きなバリューを感じていたので、給与などの待遇はほとんど気にならなかった。

同僚や先輩には国際政治やら平和構築の修士や博士がゴロゴロしたが、みんな民間に比べると半分以下の給与(しかも雇用保険なし、赴任地は紛争地)でガンガン仕事をやっていた。

その次に務めたのはベンチャー(民間企業)だったが、いま改めて両者を比較するとマネジメントスタイルには結構大きな差があったなと思う。

NGO(非営利組織)で働く人は、金銭的なインセンティブは働く動機として強くないので、マネジメントは

「スタッフの内発的な動機を邪魔しないか」

がキモになる。

事実、同僚が辞めていったのも、待遇がいいとか悪いという話ではなく、自分が価値があると思うプロジェクトを実施できないからだった。

(もちろん基本的生活ができないほど待遇が劣悪だったり、いつまでもスタッフの内発的動機に頼りすぎてマネジメントがめちゃくちゃだと、それらが「衛生要因」となって離職率を上げるファクターになることもある。)

一方民間組織でも動機付けは極めて重要だが、非営利団体に比べると金銭的なインセンティブの重要度がぐっと高い。

少々語弊があるが、内発的動機が満たされなくても、安定してお金を貰えるならば仕事を辞める確率は、非営利団体に比べて低い。

もっと平たく言えば、少々上司が気に入らなくても、お金がもらえるなら我慢できるのだ。

ただし、ドラッカーを読んでいると、
これからは民間企業でも金銭的インセンティブ(外発的動機づけ)重視から非営利団体並みの「内発的動機付け」を重視する体制に移行しないとダメなことがわかる。

むしろそうしないと
実力のある人材(プロフェッショナル)ほど会社を抜けていき、しがみつかなければならない人だけが後に残ることになる。

当然ながら会社は競争力を失う。

さすがドラッカー、未来を予見しているなあと改めて思う。
関連記事

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング