Entries

学びの守破離

起業家向け雑誌「アントレ」(リクルート刊 2015秋号)に

学び守破離

というテーマでインタビュー記事を1P掲載いただきました。

http://entrenet.jp/magaplaza/


きっかけは、2011年に出版した「プロフェッショナルを演じる仕事術」(PHPビジネス新書)の関連記事をご覧いただいたこと。

▼PHP Biz 衆知
「一流ビジネスマン」の真似をしていると 、いつの間にか成功できる!
http://shuchi-new.iamdn.com/article/395?p=1

記者さんによると「弟子入り」っていうコンセプトがだんだん盛り上がってきているそうです。

—————————

「弟子入り」っていうとなんとなく古風な感じもしますが、

最近ではITベンチャー企業などでも、
社長のかばん持ちインターンを募集したり、

社内メンター制度を作って
擬似的に師匠と弟子の関係を作り出したりと、

現代版の弟子入り制度を作っています。

ちなみに「守破離」とはもともと武道や華道など「道」を
極める世界で使われていた学びのステップを表した言葉です。

守:師匠の技(型)を模倣し、身に付けるフェーズ
破:型に自分なりのアレンジを加えて発展させるフェーズ
離:自分なりの型を生み出すフェーズ

余談ながら、観阿弥世阿弥が「守破離」の元祖という解説を
たまに見受けますが、これは「序破急」の誤り。

守破離」のコンセプトが成立するのは茶道の流れからで、
千利休のずっと後の江戸時代の茶人 川上不白です。

ご興味がある方は、松岡正剛氏の解説をどうぞ。

守破離の思想
 http://1000ya.isis.ne.jp/1252.html


教育って、究極的には「知識」ではなく、
精神(魂)を伝承するようなところがあるので、
その方法として「守破離」が注目されるのは
当然といえば当然かもしれません。

インタビュー記事では、(言葉には出していませんが)
最近どんどん注目が集まっているMIT(マサチューセッツ工科大学)の
研究員であるシャーマーの「U理論」的な概念を利用しながら、
学びの概念をシンプルに解説しています。

稚拙な説明で読者に伝わったかな。。。。。汗。
関連記事

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング