Entries

DeNA南場さんに学ぶ新規事業の作り方

DeNAファウンダーの南場さんといえば、フランクな語り口で本質をズバッとつくので、いつも勉強になります。

その中でも、今回の映像はDeNAの新規事業創出システムについて、いろいろな示唆が聞けるMust Watchな内容です。

▼動画
 http://www.ustream.tv/recorded/74161078

★下記はそのポイントです

▼DeNAが新規事業を始める時のルール
1)市場が十分にでかいか(これから伸びるか)
2)その市場で勝てるか
3)「やりたくてたまらない」と目が輝いている奴がいるか

▼経営会議は何をやるか
 法務/コンプラのチェックのみ(売れるかは判断しない)

 背景:以前、自分がダメ出した社員アイデアを他社がはじめて大ヒットしたことがあった

 学び:偉いおじさん/おばさんが判断したら間違える

したがって下記に変更した。

▼経営会議の役割: 
1)go, not goは経営会議が判断しない
  (特に初期投資がかからないアプリなど)

2)サービスを使ってみたユーザーを見て今後を判断

3)いけそうならスケールさせる



経営陣はマネジメントのプロであっても、必ずしも新規事業を見極めるプロではありません。特に新サービスが対象とするユーザー層が、経営陣の属性と離れている場合はなおさらでしょう。(女性向けのサービスを、男性の経営陣だけで判断するのが難しいのと同じです。)

南場さんも映像でおっしゃっている通り、新サービスをリリースする前に3Cとか4Pみたいな分析をやっても、それほど成功確率は上がるわけではない。

むしろ投資額やリスクが低いなら、どうしてもそれをやりたい奴にサービス(MVP/検証用のプロトタイプ)をリリースさせてしまい、ユーザーの声やKPI(リピート率などの指標)をチェックしながらブラッシュアップしていき、いけそうならそれをスケールさせる段階でMBA的な分析ツールを使った方が良いという、当然と言えば当然の話です。

▼いままでのやり方
1)ターゲット調査/コンセプト作り
2)ビジネスモデル構築
3)設計/業務
4)リリース

▼現在のやり方
1)UX(ユーザーエクスペリエンス)を考える
2)プロトタイプを作る(β版でユーザー反応を見る)
3)ビジネスモデル構築
4)リリース

つまり「戦略」ありきではなく、「ユーザーの感動体験」が先にあるということ。

○ UI/UX leads Strategy
X Strategy leads UI/UX

「イノベーション」を標榜しつつも、なかなか斬新なアイデアが社内から出てこない会社は、新規事業を評価するプロセスのどこかがボトルネックになっていないか、考えてみてはいかがでしょうか?

その際にDeNAの知見はかなりお役に立つはずです。
関連記事

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング