Entries

関係性を大事にするアジア/いきなり本題に入る欧米

8月27日にシンガポールマネジメント大学(SMU)のDr. Michael Benolielによるグローバル交渉の講義が行われました。

深い知見に基づく話で、通訳しながらいろいろと勉強になったのですが、もっとも面白かったのでは、

「契約(Contract)」と「関係性(Relationship)」

についての話。

欧米は「法の支配」(The Rule of Law)による国家統治の歴史が長く、司法制度への信頼が厚いため、「Contract」への信頼感が強い傾向がある。

つまり、一旦「契約」をしたらそれを履行する義務についての社会意識が強い。

一方、アジアは「法の支配」の歴史が短く、司法制度に対しても賄賂等々で信頼がそれほどある訳ではないので、「契約」よりもむしろ相手との関係を深くすることで、契約の履行を担保しようとする傾向があるという話でした。

「なるほどなー」

と思いました。

しかし欧米で「関係性」が大事じゃないかと言えば、そんなことはなく、むしろ最近は感情的な結びつきがフォーカスされて来ているんじゃないかと思えるほどです。

ベノリール先生はイスラエル出身なのですが、同じイスラエル出身の、ゴールドラット博士(制約理論/TOCの生みの親)が面白いことを言っていたのを思い出しました。

「月曜日が楽しみな会社にしよう!」(2分)
 https://www.youtube.com/watch?v=uP9Q8Z7F6tM

それは調和(ハーモニー)の重要性です。

自分の文化だとデフォルト設定になっていて気づかないものが違う文化に触れる事で意識される事って面白いですね。
関連記事

Appendix

若林計志

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング