Entries

安保法制に見るロジカルシンキングの重要性

先週は安保関連法案の投票を深夜まで見て、その後ツイッターやらFBで反対意見や賛成意見をみているのですが、やっぱり個別の法案(下記)をそれぞれちゃんと分けないと、論点が分からないなと思います。

1【国際平和支援法(新法)】
2【自衛隊法】
3【国際平和協力法】
4【重要影響事態法】
5【船舶検査活動法】
6【事態対処法】
7【米軍等行動関連措置法】
8【特定公共施設利用法】
9【海上輸送規制法】
10【捕虜取扱い法】
11【国家安全保障会議設置法】

参照:「安全保障関連法 改正と新法の概要」(NHK)

たとえば国連のPKO活動の「駆け付け警護」を可能にする「国際平和協力法」には賛成だけど、アメリカの戦争を全面的に後方(?)支援する【国際平和支援法(新法)】はもう少し慎重に考えた方がいいという意見もあるはず。

つまり

賛成派が全法案に賛成、反対派が全法案に反対ではない

ように見えます。

だけどその辺が一緒くたにされてお互いに相手にレッテルを貼り合い、後方支援に反対したら(←国際平和支援法)、「お前はISISに邦人が捉えられたら見殺しにしていいのか」(←自衛隊法)みたいな話になり、どうも論点が噛み合ってない。法案的には別なんですが。

もちろん、それぞれが関連し合っているのが分かるけど、「2法案だけは別に評決しましょう」というふうに分割できなかったのか。

驚いてしまうのは、MECEやロジックツリーなどのロジカルシンキングを教えているであろう有名なビジネススクールの先生や識者のみなさんが、

「ちゃんと切り分けて議論しましょう」

的な論点をほとんど出していない点。(もしくはそういう論点を出している人がメディアに出てこない)

こういう感情が絡みやすいイッシューこそ丁寧な議論をしないと、本質は分からないと思う。

今回、気鋭の女性ジャーナリストやホリエモンを含む経営者の皆さんなどが法案に賛成していましたが、中国の脅威を心配している間に、アメリカから

「集団的自衛権OKになったんだから、シリア空爆の後方支援してよ」

という”要請”(命令)が来たら、政府はどういう判断をするのでしょうか。

そして法案に賛成していた識者のコメントがどうなるかも気になります。(そうなってからでは遅いのですが、圧倒的多数で自民党が与党なのだから、国民の意思なんですよね。。)
関連記事

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング