Entries

東電幹部の強制起訴に思う

電事連のドンとして君臨した勝俣氏(元東電会長)が強制起訴されるのは当たり前と言えば当たり前。

面白いのは、武黒一郎元副社長(当時フェロー)も起訴されたこと。この人は、当時官邸につめて、東電とのパイプ役になっていた人で、官邸サイドの質問にのらりくらりとした曖昧な回答を繰り返したために、官邸(特に首相)を激怒させた人物。

未だに菅さんが単純に短気でぶち切れたと思っている人もいるが、国会事故調報告書をみれば、事実とは少し違うということが分かる。(仮に自民党政権で東電が同じ対応をしていたら、誰かが同じようにキレていただろう

ちなみに、身内である東電には「お前(吉田所長)うるせえ。官邸がグジグジ言ってんだよ」などと不敬な連絡をしたり、海水注入について勝手の判断をしていたことなども調査で分かっている。

本件を刑事責任を追及しないで調査した方が真実が出てくるのではという意見もあるけど、それはすでに国会事故調、政府事故調が行っており、結果としては不調に終わっている。

もう4年も経ってるし、被災者の方々のためにも、(亡くなった吉田所長を含め)現場で献身的な仕事をしている社員のためにも、ぜひ司法のプロセスでしっかり調べて欲しいと思います。

(原発を推進するにしても反対するにしても、真実をベースにした対策を講じることはマストなプロセスです。)

東電元会長ら強制起訴へ…原発事故で検審が議決
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150731-OYT1T50092.html

国会事故調査委員会 報告書
http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3856371/naiic.go.jp/
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/216-7bd6782b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング