Entries

テレビで経営を学ぶ

先日、駐車場の「タイムズ24」の特集番組がありましたが、企画室の方が、面白いことを言っていました。

「常に満車ですと、お客様が「いつ来ても満車だ」ということで、今度は客離れを起こしてしまうんです。ですので、必ず1、2台空いていて、いつ来てもこのタイムズは停められる、という状態を作ることが理想です。」

つまり稼働率100%ではダメ。同社では80%ぐらいの稼働状態を作るために、場所ごとに細かく料金設定を変えたり、駐車スペースのレイアウトを変えているのだそうです。

「なるほど」と感心。。。これって他のビジネスにも利益アップのために応用できないかなと思います。

利用時間によって料金が変わる施設(ジムやスパ)は基本コンセプトは似てますが、この戦略が有効な条件としては


・そもそものマーケットの需要が大きい
・固定費が大きく、回転率を上げた方が得する
・客が多すぎると不満につながり顧客離れを起こしてしまう(ライバル多し)
・顧客の囲い込みが難しい(サービス自体の差別化は困難)
・何らか条件によって同じサービスの提供価格を変えても、不満が出ない

 
などが挙げられます。昼時にお客様であふれかえっているレストランを見ますが、もし単純に仕事量に対して供給側の能力が不足している場合は、改善の余地ありです。

ただ駐車場のようにキャパシティに限界がある場合は、このような戦略が有効なのですね。

がっちりマンデー」「カンブリア宮殿」の2番組は、おそらく番組編集さんの腕がいいのと、司会の方(村上龍さん)がきちんと何を聞くべきか分かっていらっしゃるので、毎回見るたびに頭の中がビジネスアイデアでいっぱいになります。

特に、出演者と似た分野で経験があったり、MBA的なフレームワークをある程度頭に入れて見ていると、頭にひっかかるものが格段に多くなります。

http://www.tbs.co.jp/gacchiri/archives/20101114/1.html
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/21-6b0acd1f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング