Entries

人に罪を作らせない経営

「行動コントロール」に関するとってもいい事例を発見。

天才的な発明をした少年 熱中症による乳児死亡を防止する方法とは
The Huffington Post | 執筆者: Caroline Bologna

(引用)元ハフポストアメリカ版のコラムニスト、Lisa Belkinはこう述べている。「誤って子どもを置き去りにし、死なせてしまうことは、誰にでもありうることです。親を非難し罰したところで、次の過ちを防ぐことはできません。事故が起こりうると想定し、回避するためのシステムを築くほうが、はるかに現実的で有意義です。E-Z Baby Saverのような発明は、まさにこのためのたいへん有効な手段といえるだろう。」


やる気やモチベーションももちろん大事ですが、

「人に罪を作らせない

というのもマネジメントの大事な仕事だと再認識しました。そしてそれは「まごころ」という精神的なものと同時に、「仕組み」として実現されるべきものです。

そう考えて、あらためて京セラ創業者の稲盛氏の言葉をかみしめました。

「いくら立派なことを言っていても、誘惑にかられ、魔が差してしまうかもしれない。不正を犯してしまうかもしれない ... 社員に決して罪をつくらせないという思いやりが、経営者の心の中になくてはならないのである。 」『稲盛和夫の実学』


稲盛和夫の実学―経営と会計稲盛和夫の実学―経営と会計
(2000/11/07)
稲盛 和夫

商品詳細を見る

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/204-28254fe2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング