Entries

ブラック企業と人材育成制度の不在

週末の公開講座「マネジメントコントロール」@首都大東京で、現代的な「徒弟制度」について参加者の皆さんでディスカッションしました。

師匠と弟子の関係は、現在でも有効な場合は多々ありますが、下手をするとブラック化するリスクをはらんでいます。(特にカリスマ社長が経営する中小企業などは、この傾向になってしまうことが多々あります。)

したがって、意識的に「丸投げOJT」や「気合い(精神論)」に逃げないように気をつけ、人材育成を含めた社内のマネジメントコントロールシステムを改善・仕組み化することが必要になります。(実は「ブラック企業」と呼ばれてしまった企業でも、元々の意図は善良な事がほとんどで、それがいつの間にか迷走しているパターンが多いのです)

これにより、企業には健全な成長を遂げるためのマネジメント体制が整います。

下記は中原先生@東大のコラムですが大変納得です。

(引用)「背中信仰」「現場浪漫主義」「ガンバリズム」が共振したとき、「仕事で必要なスキルや知識は、現場に放り込んでおけば、勝手に背中を通して学ばれるはずであり、それができないのは個人が頑張らないからだ」という「ブラックな人材開発イデオロギー」が発動する。

「ブラックな人材開発イデオロギー」は、いわゆる「ブラックな組織」において、「自組織の人材開発の整備不全と怠慢」を「正当化」するロジックとして用いられる。 つまり、「組織が、仕事で必要なスキルや知識を学ぶための制度や仕組みを全く整備しなかった」としても、それが「学ばれなかった」のは「個人の努力不足と責任」と原因帰属される。

http://www.nakahara-lab.net/blog/2015/01/post_2340.html
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/199-9ea12cc3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング