Entries

老後資金にいくら必要か(「貯蓄がまったくない世帯」が1/3)

仕事の関連で、日本の老後資金をリサーチ中。

ざっくりいえば85歳で死ぬまで、年金との生活費の差額として2000−3000万円の自己資金が必要。
スライド04
さらに、ゆとりのある生活を望むなら4000万円の自己資金が必要です。
スライド05
では、どれぐらいの人がそれを持っているかといえば、一番信頼できそうなのが日銀内の「金融広報中央委員会」のデータです。

40代 貯蓄のない世帯30.4% 平均値614万円 中央値300万円
50代 貯蓄のない世帯29.5% 平均値1124万円 中央値408万円
60代 貯蓄のない世帯28.1% 平均値1765万円 中央値740万円


実に「貯蓄がまったくない世帯」が1/3というのが実態なんですね。

また資産を持っている人とない人が極端にいるので、平均値より中央値の方が実勢に近いようです。したがって740万円というのが現実に近い数字です。

(蛇足ながら、日本の労働人口の30 %を占める大企業従業員の退職金は平均2000万円ですが、中小企業は全く別世界です。)

家/土地などの資産を入れると実態としての資産はもう少し多いようですが、持ち家は実質死ぬまで売れないし、突然大きな病にかかって高度な手術や通院が必要になったり、介護付き老人ホームに入ったりすれば、数千万円は割と簡単に吹っ飛ぶ数字。

したがって親戚に迷惑をかけたり、老後破綻しないためには、死ぬまで2−3千万円は保険として持っておくのは仕方がないのが日本の現状だと思われます。(良い悪いという価値観云々ではなく)

もちろん家を担保に借り入れする手(リバースモーゲージ)もありますが、持ち家がなんだかんだと言って取られるリスクがあるのではないか、先祖代々の土地うんぬんという心理的な抵抗感以外にも、制度としてこれからという感じ。金利もやや高め(

そもそも公的年金が現在の形で維持されるかも相当「?」なので、少なくとも現状ではできるだけ自衛策を講じるのが得策に見えます。

もちろん、退職金を使って起業したり、積極的に運用するする手もない訳ではありませんし、体が動くうちは適度に働いて儲けた方が精神衛生上良いと思います。



家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 平成26年調査結果
http://www.shiruporuto.jp/finance/chosa/yoron2014fut/

将来かかるお金ともらえる年金を徹底解説!老後破綻を避ける 「40代からのお金の強化書」(週刊ダイヤモンド編集部)
http://diamond.jp/articles/-/28750

老人漂流社会 “老後破産”の現実/NHKスペシャル
http://www.at-douga.com/?p=12130
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/197-dca31af8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング