Entries

地元との共存共栄なるか?イオンモール岡山

年末年始に帰省したついでに、岡山駅前にできた巨大ショッピングモールに行ってきた。店舗数は356で、イオンモール幕張新都心と同じ規模、ららぽーと豊洲(180店)のほぼ倍、敷地もイオンレイクタウン(埼玉越谷の日本最大ショッピングモール)の3/5ほどで相当広い。

▼イオンモール岡山の基本情報
敷地面積  約46,000㎡
延床面積  約250,000㎡
総賃貸面積 約88,000㎡
駐車場台数 約2,500台
テナント数約350店

今回は人も多かったので、1/3ぐらい回って買い物終了。

もともとこのロケーションはトレハロースで有名な林原が経営破綻した際に二束三文で手放した土地。最高のロケーションをよく手に入れたなーと思う。

イオンは今回の出店に当たって地元を出来るだけ敵にしないよう配慮したそうで、確かにウチの近くの道路(かなり遠い)にまで、駐車場のサインを持ったバイトが年末年始にずーっと立っていた。(おそらく交通渋滞がイオンのせいだといわれないため。)

また近くの駐車場や商店街(奉還町商店街/駅前商店街)はWAONで連合を組む形にして共存共栄も模索している様子もよく分かった。

斜め向かいにある高島屋も1Fのテナントに入れている相互協力体制を築いている一方、イオンから5分ほど離れているイトーヨーカ堂とは完全ガチンコバトル状態。セブンアンドアイは以前から地元の天満屋(デパート)および天満屋ハピーマート(スーパー)、表町商店街などと連合を組んでいるので、これからもどうなるかが気になる。

イオンのもくろみ通り地元と共存共栄するのか?それとも根こそぎ客を奪うのか、気になるところ。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20141209/1061692/
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/194-1d5dc682

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング