Entries

給料が低かった時代の方が、みんなモチベーションが高かった訳

先日、「某社では給料が低かった時代の方が、みんなモチベーションが高かった」という話を聞きました。

この会社は他社に先駆けて「成果主義」を導入したりして、先進的な会社としてもてはやされていましたが、残念ながら今は業績低迷にもがいています。

「成果主義」は導入方法や時期を間違えると「アンダーマイニング効果」を生みやすいと言われています。

つまり「給料(金)」と「仕事」を直結させすぎると、モチベーションが落ちてしまうのです。

192
もっと具体的には、本人が心から仕事を楽しんでいる状態、つまり

「お金をもらいながらこんなに面白い仕事をさせてもらってありがたい」

と思うほどのめり込んでいる状態において、「金=外発的動機」を強調しすぎる事は、「仕事=内発的動機」を弱めるという逆効果を生んでしまうのです。

その罠に思いっきりハマってしまったんだろうなと思います。(社員さんはみんな優秀なのに・・・)



以前、星野リゾートの星野佳路氏が講演で面白い事を言っていました。

星野氏は潰れかけた(もしくは潰れた)旅館やホテル、リゾートの再生人として有名なのですが、再建先の従業員(コックさんや仲居さん、フロントさん)の給料を2−3年はカットせざるを得ない時、きちんとした再建の道筋を提示すれば、給料が下がっても従業員のモチベーションが下がる事はないそうです。

なぜか。

それは基本的に旅館や中堅ホテルの従業員さんは、自分の仕事が好きだから。

給料が減ったら手を抜くような人は、基本的に旅館に残っていないのです。何らかその旅館に愛着があったり、自分なりに一生懸命がんばってお客さんに感謝されることに喜びを感じ、仕事自体にやりがいを持っているからこそ、その旅館で働き続けてきたのです。

だからきちんとマネジメントを立て直してあげれば、彼らは一流旅館もビックリするようなホスピタリティでいきいきと仕事をしてくれるんだそうです。

もちろん、給料が低すぎれば、今度はそれが「衛生要因」(満たされなければモチベーションが下がる要因)になってしまいますが、やっぱりできる経営者ってこの辺りのさじ加減がうまいなあといつも思います。


野田先生のコラムは参考になります。

二流を超一流に変える「やる気」の与え方――
二軍選手を一軍で活躍させる“内発的動機”の高め方
野田 稔 [一般社団法人 社会人材学舎 代表理事] 【第27回】 2014年12月22日
http://diamond.jp/articles/-/64071
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/192-be9031c5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング