Entries

結論のない議論をするのが教養

NHKスペシャル「シリーズ日本新生"国際人"がニッポンを救う

でアグネス・チャン(スタンフォード大の博士号)が面白いことを言っていった。

海外の大学では、学生が事前に勉強してきた事をみんなで教室で議論する。先生はあまりしゃべらない。最初のうちは、せっかく高い学費を払ってきたんだから、先生の話が聞けないと価値がないと思っていた。他の学生の話なんて聞いても損じゃないかと思っていた。でもそれは違うっていう事が分かった。



僕も本当の学問ってそんな感じだと思います。答えなんてないんですから。でも先生から正解が聞けないとどうしても不安になっちゃうんですよね。

ハーバード大でリーダーシップ研究の権威であるジョン・コッター教授の2日間特別講座を受けにいった友人(日本人)が、先生があまりにしゃべらず参加者同士で議論させるので、最初のうちは損した気になったと言っていたのを思い出しました。逆に向こうの参加者は、著書にプラスアフファぐらいのことをしゃべるんだったら、価値がないと考えているようで、その辺が驚いたといってました。

そいうえば、ある日本の大学教授とお話ししていたとき、海外の大学ばりに結論がないテーマについてクラス議論をすると、どうしても学生の満足度が下がるので大変だという話をされていました。どこかで、先生の教えた知識を再生産するのが学問だというメンタルブロックを超えないとダメそうです。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/19-df8e9639

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング