Entries

コラム>LINE森川社長、「交渉はジャズに似ている」

LINE社長の森川さんが交渉術本を読んで書かれているコラム(LINE森川社長、「交渉はジャズに似ている」)を興味深く読みました。

交渉は創造である ハーバードビジネススクール特別講義交渉は創造である ハーバードビジネススクール特別講義
(2014/11/14)
マイケル ウィーラー

商品詳細を見る

特に面白かったのは下記の部分。

本書で著者は、交渉に入る前に、次の三つの問いに答えることが必要だと述べています。それは、「交渉するべきか」「タイミングは今か」「全てを懸けるべきか」の三つ。この中で、私が特に重要だと思うのは、二つ目の「タイミングは今か」です。


ホント、タイミングって本当に大事ですよね。自分側がどの体制で交渉するのかで、結果はかなり変わってきますから。早すぎてもダメだし、遅すぎるもダメ。

交渉において、急いで結論を出さなければならない場合には、それが相手に見透かされると、必要以上の妥協を強いられてしまうことになります。また、何がなんでも相手と合意しなければならない、といった状況では、こちらに不利な条件をいくつも飲まなければいけなくなるでしょう。そうならないためにも、強気でありながら柔軟に、かつ粘り強く交渉できるようなタイミングを見極めることが、とても大事なのです。


これはタイミングとも関連しますが、交渉学では定番の

「BATNA(Best Alterative to a Negotiation Agreement)バトナ」

と同じ意味です。つまり

「急いで結論を出さなければならない」

というのは選択肢=BATNAが少ない状態を示しており、それを見透かされると足下を見られるという事。交渉では「ポーカーフェイス」が大事だと言われるゆえんは、この辺りにあります。

つまり、BATNAが少なくて崖っぷちでも、涼しい顔をしてBATNAがたくさんあるように振るまうことが、時には有効なのです。

逆に坂本龍馬の様に、BATNAがない状態なのに大御所の懐に飛び込んで、その純粋さや、むしゃらっぷりを買われて交渉を成功させることもあります。

またその段階を超えて、同じ船に乗る仲間として腹を割って話すフェーズにどのタイミングで移行するかも、本当に大事です。

ということで、いろいろなヒントが得られるコラムでした。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/189-9e6ebc3c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング