Entries

シーンとなる会議を改革する鍵は「結果」を出すこと

面白い講演録を読みました。

重要なことよりも、結果が出ることをやれ
 日本交通・三代目社長が、1900億円返済の過程で得た経営哲学とは?」


マッキンゼーを経て、3代目社長となった川鍋氏の話で、「結果が出ることをやるべき」という大変教訓に満ちた話なのですが、私には、下記の部分が響きました。

「会社をうまく回すには、取締役会ってのが大事なんですね。
 その会社の中の最高意思決定機関ですから。

 私も日本交通の取締役会に出るんです。取締役会って、ビジネス
 スクールでは戦略的に激論をかわすところだと……、どんな議論を
 してるのかと楽しみに行ったら、経理部長が「今月の売上げは
 こうでございますので」シーン……。社長である、私の父が
 「今月は売上げが悪いな、何でだ」
 「はい、雨でございました」(会場笑)


こういう状態をどう変えるのかって、本当に重要なテーマだと思います。
というのも、オーナー系の会社は得てしてこうなるので他人事とは思えないからです(汗)。

役員さんはいつのまにか番頭さんみたいになって、上から目線で下から上がってきたアイデアで叩くみたいな役回りになりがち

実は叩き上げの社長さんもそれを問題だと思っているんですけど、どうしていいのか分からないってケースは結構多いんですよね。

日本交通の川鍋さんとか、ユニチャームの高原さんはまさに、2代目(3代目)がその状態をうまく打破したケースです。

おそらくキーになるのは「結果を出す事」で、結果の前ではいくらカリスマ社長さんでもその事実を認めざるを得ない。(逆にいえば、口だけの人は認められないし、叩き上げだからこそ、結果を出す事を重要さを分かっている。)

そして、そのやり方が自分のやり方と違ったとき、または「自分が絶対に失敗する」と信じて疑わなかったやり方だったとき、その人の人格を認め、きちんと意見を聞くようになるのだと思います。

たしか、本田宗一郎氏が引退された理由も、若手が自分の反対した技術で成功を収めたからからなんですよね。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/183-5ecb6022

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング