Entries

MacPeople 8月号にインタビュー記事を掲載いただきました

雑誌「MacPeople 8月号」(6/28発売 アスキー編集部 KADOKAWA出版)にアプリ開発に関するインタビュー記事を掲載いただきました。

macp.jpg

記事にも書いてあるのですが、私自身はHTMLなどは使えるものの、iPhoneアプリを作るために専用プログラム「Xcode」 (Objective-Cという言語がベース)については、かなり初級者レベルです。

独学で勉強した範囲で、ざっくりと全体がどんな構成になっているか、各コードが何を言っているかは調べながら理解できますが、ゼロからプログラムして、高度なプログラムを作るには相当な時間がかかってしまいます。

ということで、どうやって信頼できるその道のプロとアライアンスを組み、クラウドソーシングなども活用しながら、アプリ開発を進めるかについて経験談をしゃべっています。(私は主にランサーズoDeskを使っています)

前後がバリバリのプロ用の記事なので、恐縮しておりますが。。!

ただXcodeも日々らくちんにプログラミングできるように進化していますし、アップルから「Swift」という最新&シンプル言語も発表されていますので、ハードルはどんどん下がりそうですね。

TSUTAYA図書館で有名な、佐賀県の武雄市では小学生からプログラミングを教えるそうですし、これからが楽しみですね。

▼佐賀)小学1年生向けにプログラミング授業 武雄市(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASG6T53MYG6TTTHB00K.html
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/172-8350cb13

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング