Entries

部分最適にならない最適な役割分担とは

リゾートホテルや温泉旅館の再生やマネジメントで有名な星野リゾート
同社は主にリゾートの「マネジメント(経営)」を手がけて
成功しています。

よく

「経営と資本の分離」

と言ったりしますが、
多くのホテル/旅館では経営と資本が一緒になっています。

この「経営」の部分に特化したのが星野リゾートです。

現在、多くの老舗旅館が赤字スレスレで経営しており、
最近になって国が耐震工事の実質的な義務化を決定した事により
かなり資金繰りに苦しんでいるそうです。

「毎日資金繰りに頭を痛めていたら、
 顧客満足度のアップや料理メニューにまで頭が回らなくなる」

と、ある旅館経営者がインタビューで語っていましたが、

星野リゾートのように、
渾然一体となった経営と資本を分離し、

「建物」(資本)のスペシャリスト
「運営」(マネジメント)のスペシャリスト

として各業務に特化する事は、ある種の解決法に
なりえるのかな、と考えています。

もちろん今までにないような斬新なサービスを提供する場合は、
「経営と資本を分離しない」のほうが機敏に動けるという
メリットもあるはずですが、

各機能に特化するやり方から学ぶ所は多いにあります。

例えば、多くの高級ブランドを抱える
LVMH(ルイビトンモエヘネシー)は、
流通や会計などの「マネジメント」に特化し、
商品開発等のブランドの根幹に関わる部分は各社に任せています。

ユニクロ(ファーストリテイリング)も「セオリー」などの
高級ラインを傘下に持っていますが、マネジメントに特化しているため
セオリーブランドの後にユニクロが見える事は一切ありません。

そしてその事によって、デザイナーがそろばんをはじきながら
デザインをせずに済み、本来の強みを発揮すべき
業務に集中できるのです。

ひとつの会社の中で

「営業」「生産」「開発」

が社内対立している事がよくありますが、

それぞれが協調し、強みを出し合えるような組織デザインを行えば、
ホテルでの「経営」と「資本」の分離や、アパレル会社にように
有効な関係が構築できるということなのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
週刊メルマガ「大人の学ぶ技術」より
登録>  http://www.flow-one.com/mailmag.html
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/168-d120b589

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング