Entries

孫さんが効果的に使ったマネジメントコントロール

「プレジデントオンライン」のコラムを興味深く読みました。

「出版する雑誌8誌のうち7誌が赤字に。廃刊するか」
孫正義が出題、思考力を磨く設問
PRESIDENT 2011年3月7日号


孫さんの答え自体はともかく、このコラムで最も面白かったのは下記の部分。

1)(孫さんが各雑誌編集長に伝えたセリフ)「これより3カ月以内に黒字にならなかった雑誌は、すべて廃刊します」


2)「口から泡を飛ばし、大げんかをした結果、勝負の3カ月間は毎週会議を開き、編集長には各雑誌の損益計算書を提出してもらうことにしました。編集長という人たちは、面白い誌面をつくることには才能を発揮するのですが、利益確保には鈍感な人が多かった。ですからコスト意識を徹底したのです。」




1)は「結果コントロール」。納得性の高い客観的な評価指標を出しました。もちろんその根拠となる熱い思い(下記)も説明していますから、そこは多分に「環境コントロール」的です。

出版事業という「命」が奪われかねないのに、編集長たちは「自分の雑誌」しか頭になく「切断するな」と言う。だから僕は怒鳴った。「おまえらの(雑誌への)愛情は偽物だ。俺は本当に出版事業を愛しているんだ」と。出版事業をなくすより、片足、両足を切っても生きていることのほうが大事だ、と。


2)は「行動コントロール」ですね。「利益を考えろ!」と精神論を言う前に、「損益計算書(P/L)を出せ」と指示した。これが間接的にコスト意識を芽生えさせたんですね。こういうマネジメントコントロールの使い方はかなり高度です。

さすが孫さん!
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/160-772d1ce3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング