Entries

起業とマネジメントの矛盾とバランス

「日本復活には新しい産業が必要だ!だから起業家がもっと必要だ」
「起業しやすい社会環境を整備しなければならない」

など、起業をプッシュする声があちこちから聞こえてきます。確かにGoogle, Facebookなどアメリカでどんどん新しい企業が生まれているのを見れば、そういう声がでてくるのは当然です。

ただそこには、

なぜ既存の企業から、新規事業がでないのか

という視点がすっぽり抜け落ちています。

ザッカーバーグや、ブリン/ペイジのように、どの組織にも所属せず、いきなり起業する人を増やそうとするなら話は分かりやすいのですが、大体の場合は起業前に関連する業界のどこかに所属しており、新しいアイデアがその会社で実現できずに、起業しているのです。

しかも実際に会社を辞めて起業する人は少数派で、ほとんどはアイデアベースで消えていきます。もちろん諦められる程度のアイデアであれば消えて当然とも言えますが、その中には磨けば光る原石もあるはずです。

もしそうだとするなら、ミスマネジメントを改善することが解決すべき問題であり、脱サラ起業が多い社会が一概にいいとも言えないのです。

実際「社内からイノベーションが出てこない」という声はどこでも聞きますが、もし社内に新しいアイデアを実行したくてもできず、不満を持っている人が多くいるなら、

・マネジメントを勉強して社内を変えるべく努力すべきなのか、
・外に飛び出すべきなのか


という当然の問いが出てきます。

個人にとっても、自分が働いている会社の問題点を発見したとき

・それを変えようとあがいてみるのか
・時間をムダにせず、新天地を目指すのか

は迷うところです。

実際、これは「マネジメント教育」と「起業家教育」という(ある意味で矛盾した)テーマの長年関わりながら、問い続けてきたことであり、正解はないので、結論は自分で出すしかありません。

なんとなくブームに乗って起業したものの、実際に成功する人は一握りですし、失敗したからと言って、勧めてくれた人が責任を取ってくれる訳でもありません(逆はあるでしょうけど)。現実はシビアです。

ただ、もし将来的に会社に大きな利益をもたらすはずのエース級の社員が、起業のために大手企業からどんどん辞めているのだとしたら、その動きを奨励する事は社会的によいことなのでしょうか?

少なくとも経営者やマネジメントを志すものとしては、何か積極的な手を打つべきであって、手放しで起業を応援している場合ではないはずです。(自社の優秀な人材がどんどん流出してもいいなら別ですが。)

この問題を解決できない限り、起業する人が増えたとしても、それらの会社が成長する度にどんどん人が抜け、また振り出しに戻るという永遠のサイクルが繰り返されるはずです。

▼「“ヤメソニー”が語り継ぐものづくりの魂」
http://diamond.jp/category/s-yamesony

▼日本の起業率が上がらない理由
http://futoimegane.hatenablog.com/entry/20140415/1397540751?utm_content=bufferba7dd&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer


関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/157-e62b0e95

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング