Entries

最近の若者が内向き傾向になっている訳ではない(数字のトリック)

「最近の若者は根性がない」
「内向き思考だ」

ホントのようなウソの話を駒崎さんが分かりやすく解説しています。

若者の内向きを嘆くオッサンをこそ嘆くべきだ
NPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹(7)


日本の若者の”人口比”でいえば、留学する人は減っている訳ではなく、むしろ増えていてバブル世代の2倍なんですよね。LCCで外国旅行に行くハードルも低いし、言って見れば無理しないグローバル志向。

記事中で面白かったのは、下記の部分。これって通常の会社の中でも同じかも。

「NPO経営者仲間で話すとよく出る話題が「定年後にNPOでもやろうかなというおっさんがやってくるのは良いが、なぜか態度がでかすぎて使えない人が多い」という話です。彼らは「ビジネスとしてうまく回っていないようなNPOを、俺が回してやる」という「上から目線」を引っさげ乗り込んできます・・・」


割と極端な説明だとは思いますが、そんな人が一部にいるのも確か。川上真史先生によれば、組織で行使できるのは5タイプのパワー(「権威パワー」「準拠パワー」「報酬パワー」「強制パワー」「正当パワー」)で、これから使えるのは、正しさに基づいて行使される「正当パワー」だと言われていますが、

まさにNPOやマンションの理事会などは、明確な上下関係とか報酬関係(最近では年功序列も?)がないので、「正当パワー」が大切なんだと思います。それはそれで大変なんですけど。

僕もオッサン思考化しないように、気をつけねば。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/153-7924cdbd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング