Entries

プラットフォームを作る (カンブリア宮殿 道の駅が生む奇跡の集客術)

昨日の「カンブリア宮殿」(2014.3.20放送)は大変参考になりました。

「地方の底力SP 第一弾!~道の駅が生む奇跡の集客術~」
 ・萩しーまーと 駅長 中澤 さかな(なかさわ・さかな)
 ・からり直売所運営協議会 会員番号1番野田 文子(のだ・ふみこ)


番組では、道の駅というプラットフォームの上で、地元のおばちゃん達が、それぞれに地元の野菜や工芸品、パンなんかを自分で値決めして売っている様子をドキュメントしていました。(売れるも売れないも自己責任)

農家のおばちゃんが

「何十年も農家をやってきたけど、(農協に買い取ってもらうだけなので)自分で値段を決めた事もないし、誰が自分の育てたモノを買って、お客さんがどう言っているのかを一度も見た事がなかった。初めて自分の商品が目の前で売れたのを見た」

と言っていましたが、こういうのってホント商売の原点だと思います。農協がその機能を果たせていないのが、なんだかなーという感じですが、すべての企業に求められているのは、こういう商売的な感覚を、いかにマネジメントに組み込むかじゃないかなと改めて思いました。

ちなみに販売プラットフォームとしての「道の駅」は、売り上げの15%のコミッションを取って、リアルタイムの売れ行き情報を出店者が携帯電話で確認できるシステムを提供したり、決済代行をしているんですよね。また出品者同士が情報交換できる場を設定することも。

「道の駅」が広報誌を作って「何々さんのところは、毎月200万円儲かった」という情報を出品者で共有できるようにしたとところ、ものすごい反響だったそうです。

それで、ドライフラワーで儲かっているおばちゃんのところに、他の人が「教えて」ってきたら、それを気前よく教えてあげたというところも目からウロコ。(みんなホントは先生やりたいんです。)

結局、何を買うのかはお客さん次第だし、ドライフラワーの出品が増えれば、マーケットもにぎわっていいんだそうです。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/144-ca3921ee

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング