Entries

ガッコ(gacco)の取り組みでMOOCの意義を考える

NTTドコモとNTT関連会社が日本版の「MOOC」として「ガッコー(gacco)」を4月1日スタートします。

当初は下記のようなコースラインナップをそろえている模様。

・日本中世の自由と平等(東京大学 本郷和人教授)
・インターネット(慶應義塾大学 村井純教授)
・国際安全保障論(早稲田大学 栗崎周平准教授)
・オープンエデュケーションと未来の学び(北海道大学 重田勝介准教授ほか)
・経営(マネジメント)入門(グロービス経営大学院 荒木博行教授ほか)
・俳句──十七字の世界(大手前大学 川本皓嗣名誉教授)
・統計学・データ分析(大阪大学 狩野裕教授)


一つの見所は講義映像が「放送大学」のような単調なものになっていないかということ。
ニュースサイトを見ると、このあたりは抜かりなく制作している様子。

▼「gacco」スタート3日間で登録者数5,000人を超える、撮影現場取材レポート
http://edmaps.co/moocsnews/gacco/


上記取材記事の中で、早稲田大学政治経済学部准教授の栗崎周平先生が、MOOCの意義として下記の2つを上げています。

1)反転学習に利用できる可能性がある事 (反転学習についてはこちら)

2)大学授業の質が高まる事(一般公開される事でいろいろなフィードバックを受けるため)


いいですねー!


一方アメリカのMOOCは下記のような狙いで運営されていますが、NTTドコモのような営利企業がいかにMOOCをマネタイズしようとしているのかが気になります。

1)大学・大学教員の宣伝
2)教育格差の是正というCSR的なミッション
3)将来的に大学入学審査の要件にするための試験運用
4)修了証発行ビジネス(将来的には単位認定して正式にオンライン大化)
5)人材紹介ビジネス/知的人材バンクの構築
6)ビッグデータ(データをベースに教員育成など)
7)自校の授業内容のブラッシュアップ
8)企業の寄付講座による収益アップ/大学の魅力度向上


▼参考ブログ:MOOCのビジネスモデル
 http://flowone.blog.fc2.com/blog-entry-121.html

いずれにしろ「映像」(動画)自体を売って儲けるビジネスモデルはフリーミアムの動きの中で終焉に向かっています。

では何が今後のマネタイズのキーになるのか?
私は「コミュニティマネジメント」「反転学習」「ゲーミフィケーション」の3つだと考えています。

-------
週刊メルマガ「大人の学ぶ技術」より
登録>  http://www.flow-one.com/mailmag.html
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/140-47d9b0c9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング