Entries

師匠への最大の恩返しは師匠を超えること

先週、TOC(制約理論)の集中研修(TOC for Ever Flourishing)にて、「ザ・ゴール」著者のゴールドラット博士が生前に「後継者」について語ったビデオを見せてもらったのですが、かなりしびれました。

そのメッセージを要約すると

「ユダヤには”師匠への最大の恩返しは師匠を超える事だ”という言葉がある。君たちは私を超えなければならないし、それは可能だ。なぜなら、君たちには私よりいい師匠がいるからだ。」


ということでした。

とかく高い業績を残した人は神格化されがちですが「弟子が師匠を超えられないのは、師匠に力がないという事になる」と語り、「自分を越えろ」という明確なメッセージを残しているのは相当意味のある事だと思いました。

岡本太郎が

「私は若い頃にピカソに衝撃を受け、彼を心から尊敬するが故に、ピカソを越えなければならないと思った」

と語ったのとなんとなく似ている所があります。(ただしタローは、その発言によって「お前は恐れ多い」とかなりバッシングを受けたのですが。)

当たり前ですが、師匠を超えようとする事(少なくともそう努力する事)は、師匠を否定する事ではありません。(むしろその逆です)。

これは日本で言うところの「守破離」ですし、科学の世界では、先輩科学者の上にさらに新しい業績を積み重ねる事こそ、まさに進歩という事ですね。


エリヤフ・ゴールドラット 何が、会社の目的を妨げるのかエリヤフ・ゴールドラット 何が、会社の目的を妨げるのか
(2013/07/08)
ダイヤモンド社、 他

商品詳細を見る


▼関連コラムはこちら
「カリスマの実像を知る(脱「神格化」の学び方)」
http://flowone.blog.fc2.com/blog-entry-78.html
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/139-a575f1c3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング