Entries

吉田兼好はイノベーター:「はかなし」というコンセプトが生まれた背景

溜まっていた書類整理のついでに以前に受講した

イシス編集学校」 

の資料を発見したのですが、その際に松岡正剛校長の「はかない」という言葉について解説記事を発見しました。

以前は読み流してしまっていた文章なのですが、よくよく考えてながら見てみると、

「”はかなし”というのはまさにイノベーションだ!」

という事に気づきました。

元々「はかなし」という言葉は「はか+なし」の合成語です。

「はか(量)」は、はかどる、はかばかしい、などを意味する言葉で、今でも使われています。

それをベースに生まれた

「はかなし(儚し)」

という言葉は、鎌倉時代末期に生まれた言葉で、ちょうどそれまでの、

<効率性が高いこと(=はかどる)は良い事だ>

という価値観が崩れかけていた頃でした。

中央政府がごたごたし、何が正しくて、間違っているかはっきりしない。疫病で突然人々が死んだり、悪天候で飢えに苦しむ事もある。

つまり「効率性」を追っても、それで必ずしも幸せになれる訳ではないんだということを、みんな感じ始めていた。

そんな中から

「<はかがない>ことにも美しさがある」=はかなし

というコンセプトが急速に世の中に普及し始めた。

そういう時代の気運とでもいうべきものを、先鋭的に感じ取り、新しいコンセプトとして書物として書き記したのが「徒然草」の著書であり、神主の息子だった吉田兼好という訳です。今で言えば、人々が潜在的に欲していたものを「これですよね」と具体的な形に提示してヒットを飛ばしたジョブズに似ています。

ちなにに、その後「はかなし」のコンセプトが「わびさび」のような日本らしい文化に結実していったのを見ると、これが日本における時代の大きなイノベーションだったことは間違いありません。

最近よく「イノベーション」の重要が叫ばれますが、元々「千三つ」と呼ばれるぐらいイノベーションは成功確立が低いものです。

「効率性」の観点から見ればムダだらけで、最悪です。

しかしイノベーションを軽視すると、「効率性」の追求は壁に打ち当たり、標準化されてコストが低下し、やがて企業は競争力を失ってしまう。

だから、一見ムダに見える事でも、効率性を無視して取り組まないとダメなんですね。

「はかなし」を愛でる気持ちを大切にしたいなと思ったのでした。おしまい。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/127-33440e16

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング