Entries

NHKでMOOCS紹介「あなたもハーバード大へ ~広がる無料オンライン講座~」(MOOCのビジネスモデル)

2013年9月17日(火)のNHK「クローズアップ現代」で、MOOCsの特集がありました。

▼動画とスクリプトが公開されています
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3402_1.html

無料オンライン大学の動きについてはブログでも何回か書いていますが、今度もどんどん加速していくはずです。

▼MOOCsの単位認定と大学講義のフリーミアム化の流れ
 http://flowone.blog.fc2.com/blog-entry-108.html

Moocsの主な目的は下記と言われています。

①大学・大学教員の宣伝 

②教育格差の是正というCSR的なミッション 

③将来的に大学入学審査の要件にするための試験運用 

④修了証発行ビジネス(将来的には単位認定して正式にオンライン大化) 

⑤人材紹介ビジネス/知的人材バンクの構築(アメリカの世界人材獲得戦略との一環との見方もあり)

⑥ビッグデータ(データをベースにファカリティディベロップメント/教員育成など)

⑦自校の授業内容のブラッシュアップ

⑧企業の寄付講座による収益アップ/大学の魅力度向上


またアメリカ連邦政府のグローバル人材確保戦略(War for Talent)の一翼を担っているという側面もあります。

いづれにしろオンライン教育の無料化への動きは、有料でEラーニングビジネスを行っている会社には脅威に映ります。

私の前職のようにEラーニングをビジネスとして提供してきた会社は、無料化されては困るポジションにあります。ただ、この動きを逆手に取ってもっとビジネスを伸ばす方法ももちろんあります。

この動きは、ソーシャルを初めとしたゲーム業界で起こった動きと酷似しています。

詳細はこのブログで過去に何度もご紹介した通りで、より教えやすく、より楽しく学べるフリーミアム型でプラットフォームを構築すること。ネットのインフラを含めそれを実現できる動きが、どんどん出てきて、いよいよ教育業界も大競争時代に入っていくはずです。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/121-022aafcf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング