Entries

トヨタとユニクロの共通点

以前、勤務先のイベントにユニクロの柳井さん(会長)が講演にいらっしゃった。講演ではかなり厳しいトーンで経営について熱く語られていたが、講演後に学生が名刺交換をするシーンがあった。

その中で、ユニクロのフリースを着ている学生を柳井さんが見つけて、

「ありがとうございます。」

と、深々とお辞儀をしてお礼を言うシーンがあった。

こう言ってしまうと語弊があるが、単なる一学生に、偉大な経営者が、(パフォーマンスじゃなく)深々とお辞儀をするのだ。その学生さんも恐縮していたが、その場にいた全員が「スゴイ」と思った。

ーーー
これまでに仕事の関係上、いろいろなスゴい人に出会ったが、本当にスゴい人はみんな謙虚だった。そんな記憶があったので、下記も「やっぱりそうか」とピンときた。


▼斎藤一人さんメルマガから引用

"ウチの会社の大阪の柴村恵美子社長が東京で指圧師をやっていたときの話があるんです。

あるときに、偉そうな人が来た。

ただ、偉そうと言っても威張っている人ではないですよ。漂うムードですね。社会的地位が高そうということです。

その人が「豊田さん」というんで・・・まあトヨタの社長さんだったんですよ。

まだ恵美子社長が18歳くらいのときですからね。

「私の友達がね、お宅の会社のセンチュリーに乗っているんですよ」という話をしたら、もちろん疲れていたと思うんですけど、指圧を受けているときですからね。

それなのに、パッと起きて、そこに直立してですね、18歳の娘さんに対して「ありがとうございます」と深々と頭を下げたんです。

カッコいいでしょう。

それで、私たちの会社を10倍大きくしようよといったら、10倍威張れるということではないんです。10倍、頭を下げるところが多くなるんです。"

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/12-a81292d2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング