Entries

MOOCSとオンライン学習効果の認識について

MOOCs (Massive Open Online Course)について、面白い調査結果が発表されました。実際のオンライン指導した経験がある先生と、そうでない先生の間で、オンライン学習効果についての認識に大きなギャップがあるという調査結果ですが、これは当然と言えば当然かなと思います。

私自身、日本のインターネット教育の黎明期から業界に身を置き、いろいろな大学の先生にオンラインの指導をお願いするために、いつも奔走してきたので、先生が持つ漠然とした不安感は良くわかります。(それは責任感への現れでもあります。)

ただ、いったんオンライン経験をされた先生の認識が大きく変わっている事が調査結果からも分かる通り、運営によってオンラインの学習効果は対面式授業より確実に高くなります。(受講生の学習履歴をデータとして持っているのですから、当然なのですが。)

つまり、この認識のギャップこそが、これからビジネスチャンスがあるということを明示しています。

(引用)「調査は2013年6月18日から7月9日かけて、教員2,251人を対象に行われました。レポートでは回答者のうちオンラインコースが対面式の授業と同等の学習成果を学生にもたらしうると考えている者は7%にとどまっていたことなど、オンラインコースに対する教員の態度はなお懐疑的であることが報告されています。一方で実際にオンラインコースを受け持った経験の有無で認識には差があり、受け持ち経験のある教員が、自分自身のクラスについて尋ねられた場合には、56%が対面式の授業と同等の学習成果をもたらすと考えていたことも指摘されています。

http://current.ndl.go.jp/node/24242
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/117-2b8a6c6a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング